鉄道模型を趣味にしている場合、本物の鉄道のような運転ができれば満足度も高くなります。とはいえ、管理が行き届いていなかったりコントローラーの種類によっては臨場感が出ない場面もあります。そこで、気持ちよく運転をするためには一体どのように管理をしたらよいのか、そしてコントローラーはどれを使ったらよいかを見ていきましょう。

これらを知ることによって、鉄道模型の運転の楽しさが倍増するでしょう。

気持ち良く運転するために必要な手入れとは

鉄道模型を購入をして、初めて運転した時にはスムーズに動くことがほとんどです。ところが、何度も運転していると動きが鈍くなることも少なくありません。今まで順調に動いていたのに、途中で動かなくなったり動きがぎくしゃくしてリアリティーがなくなる可能性も考えられるでしょう。

なぜ動きが鈍くなるかといえば、レールや車輪が汚れてモーターが回りにくくなるからです。モーターが付いている動力車の車輪には、通常ゴムが付いています。このゴムはとても重要で、ゴムを車輪に付けることにより坂道でも粘り強くのぼるだけでなく、たくさんの車両を無理なく引っ張ることも可能です。

ただその半面、レールに汚れがつきやすいのが問題なわけです。それ以外でも、ほこりなどがレールの上についてしまう、そのほこりが動力車の車輪のところにひっかかってしまった場合には動きが鈍くなります。これらの問題を解決するためには、まずレールをきれいに磨いておく必要があります。

この場合、ティッシュで拭く方法が手軽ですが、レールとレールの境い目にティッシュがひっかかってしまい運転の時に動きが鈍くなる原因になってしまいます。もし可能ならば、薄いガーゼのような生地を利用して拭くのがよいでしょう。

この時には、販売されているレールクリーナーをつければ汚れをきれいに落とすことが可能です。一方で、動力車にほこりが詰まっている場合には、一回動力車の車輪の部分を外す必要があります。外してみると、シャフトのところにほこりが詰まっていますので、つまようじなどの先が細いもので丁寧に掃除をすることが必要になります。

きれいにホコリをとることができれば、購入した時と同じようにスムーズに運転することが可能になります。ただし、取り外しに慣れていないとパーツを壊してしまうこともありますので、慎重に扱わなければいけません。鉄道模型メーカーによって若干取り外し方が違う点も、注意が必要です。

クリーナーが付いた車両を利用するメリットや問題点

鉄道模型は、まるで本物のように風景を作り込むことが可能になります。それが、レイアウトと呼ばれるものです。実際に田舎の景色を作りたい場合には山や川などの自然の風景を作り込み、都会を表現する場合にはビルやマンションなどのストラクチャーを置くことでリアルな世界を生み出すことが出来ます。

レイアウトを作り込めば、フローリングの上で運転するときに比べて何倍もの臨場感を感じるでしょう。ただこの時、レールが汚れてしまった場合には掃除をするのが大変になってしまうでしょう。レールに手をのばして掃除をしようとしても、パーツを折ってしまうようなことも少なくありません。

特に、細かいパーツがレイアウト上にある場合や電柱や信号機などの縦に長い物がある時には、掃除するときに障害物になり掃除がはかどらなくなるでしょう。それだけでなく、トンネルを作るならばトンネルの中をどのように掃除していくかが重要になります。

そこで、レイアウトを作る場合にぜひ購入しておきたいのがクリーニング用の車両になります。これは、クリーナーの液体を車両の穴の部分に入れることで、自動的に掃除をしてくれます。クリーニングの列車自体はモーターが付いていませんので、動力車を使って引っ張りながら掃除をするのが基本です。

湿式と乾式の2種類があり、クリーナーの液体を使って掃除する場合には湿式を利用することになります。一方で、乾式は紙やすりをレールの上にかけて汚れを取っていきます。ただ、部分的に汚れが落ちないこともありますので、動力車を動かしたときぎくしゃくするところは手で拭いて仕上げた方が、スムーズに運転を楽しむことが可能になるでしょう。

こだわりがなければ安いパワーユニットで十分

鉄道模型を運転するにあたり、必要になるのがパワーユニットと呼ばれるコントローラーになります。パワーユニットも何種類かありますので、それぞれの違いを理解しておくとよいでしょう。では、値段が比較的安いものにはどのような特徴があるでしょうか。

ちなみに、安いものは4,000円から5,000円程度で購入できます。それぐらいの金額のパワーユニットは、動かすことや止めることなどの必要最低限の動きを楽しむことができるでしょう。当然、加速や減速の微調整も可能です。

ただ、常点灯を楽しむことはできません。常点灯は、パワーユニットの電源を入れた段階で室内灯やヘッドライトなどが点灯する仕組みになります。本物の鉄道は、駅のホームに停車している時も室内の電気やヘッドライトなどが付いている状態です。

鉄道模型でこれを表現しようと思えば、常点灯に対応しているパワーユニットが必要になります。5,000円前後で買えるパワーユニットは、常点灯に対応していませんので、ホームや車庫に停車させておく時は全くライトが光らない状態です。

当然、室内灯を入れても動き出すまでは光りません。この点が許容できれば、5,000円前後のパワーユニットで十分です。

→Nゲージ鉄道模型の塗り分けを綺麗に行うコツ

常点灯がついているパワーユニットの特徴

常点灯が付いているパワーユニットは、金額でいうと安いもので6,000円から8,000円ぐらいで購入できることがほとんどです。より臨場感あふれる運転を楽しみたい場合は、このレベルのパワーユニットを購入した方がよいでしょう。

メーカーによって運転の仕方も異なりますが、基本的には電源を入れて少しだけダイヤルをひねると、停車している状態なのに室内灯やヘッドライトそしてテールライトが光る点は共通しています。レイアウトを作る場合、建物や街並みにLEDを組み込めばさらにリアルな世界で運転を楽しめるでしょう。

音が出るパワーユニットで運転士になった気分に

パワーユニットも、本格的なものになると運転士気分を味わえるものがあります。実際の運転席と同じように作り込んであるタイプがこれに当たります。10万円を超えるものになると、音を楽しむことができます。様々な音が収録されており、列車の走行音や汽笛、そして駅のホームのアナウンスなども収録されている点が魅力です。

ボタン一つで、好きな場面を再現することができるでしょう。汽笛の種類も様々で、自動車や電車そして機関車、さらには新幹線の汽笛があり、運転する列車に応じて切り替えていくと、あこがれの鉄道運転士になり切ることが可能です。